読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

司(つかさ)が松下

妊娠をきっかけに、葉酸をたくさん摂ろうとしている方が意外に多いようです。頭(脳科学的にわかっていることも多いですが、わからないこともまた多いでしょう)に入れておいてほしいのは、どんな食材から葉酸がたくさん摂れるのか、ですよね。
名前が「葉」の「酸」なので、ほうれん草やモロヘイヤなど、葉物野菜(不足がちだといわれていますね。
でも、市販の野菜ジュースではあまり栄養素が摂れないという説もあります)には豊富です。

実はマンゴーにも豊富に含まれており、私の妊娠がわかったのは、マンゴーの旬である夏だったのでドクターにも御勧めだと言われて、よく食べました。


マンゴーは食物繊維もたくさん含んでいるので、便秘にも効果がある沿うです。

ビタミンの中でも、水溶性ビタミンに分類される葉酸は水に溶けやすいのが特徴の一つです。
そして、熱に弱いのも特徴なので水に長く浸したり、長い時間加熱したりすれば葉酸が半分以下に減ってしまうこともありますね。



沿うかといって、生野菜(不足がちだといわれていますね。でも、市販の野菜ジュースではあまり栄養素が摂れないという説もあります)などをたくさん食べるのはとても現実的ではありません。沿う考えていくと、調理する上で長時間加熱しないなど気を配るのが食事の中で葉酸を摂取するために大事ですね。

果物と野菜(不足がちだといわれていますね。でも、市販の野菜ジュースではあまり栄養素が摂れないという説もあります)の両方の特徴を併せ持ったクリーミーな食材として知られるアボカドは、他の果物や野菜(不足がちだといわれていますね。

http://natsunootoshigojk.x.fc2.com/
でも、市販の野菜ジュースではあまり栄養素が摂れないという説もあります)と比べても、葉酸が結構多く含まれています。人体を維持するために、葉酸がみんなの予想以上に有用なものです。


鉄分と共に貧血防止に役たつ、また生まれる前の赤ちゃんに栄養が十分行き渡るようにして発育を促すなど、どんな人にも大事な栄養素だと言えます。

サプリや錠剤で、妊娠初期に葉酸を多めに摂るべきということは今や常識でしょう。
けれども、妊娠する1ヶ月くらい前からサプリなどで葉酸を摂っていくと良いと耳にしたことはありますか?ということは、妊娠を考えはじめたときが意識して毎日葉酸を摂りはじめたいタイミングなのです。赤ちゃんに来てほしいと思ったらどのくらい葉酸が摂れているか、生活を見直してみませんか。葉酸というビタミンは、赤ちゃんの健康のため妊娠初期から継続して、毎日欠かさず摂ることが大事な栄養素です。
どこの製薬会社や健康食品会社からも主要成分として葉酸が入ったものを販売していますが、購入時に気をつけなくてはならないのは何が入っているのか全て見ておくことです。


特に、妊娠初期は身体が敏感になっているので不要な添加物や香料が入っていない体に害を及ぼさない製品にしましょう。重要なのは、妊娠初期に葉酸を意識して摂ることです。

それなら、いつまで多く摂るべきなのかと思うでしょうが、授乳が終わるまで多めに摂取できればベストです。

ナカナカそこまで意識できないかも知れませんが、妊娠中期まではなんとか葉酸を多く摂るよう心がけて頂戴。



なぜなら、葉酸は赤ちゃんばかりでなく母体を健康に保つためにも重要な栄養素であり、妊娠期間中、また出産後に不足することがないよう摂取に努めてほしいと思います。

水溶性ビタミンである葉酸は吸収率のピークが空腹時なので、効率よく葉酸を摂ろうと思ったら食事と食事の間、食間が最も良いのです。
一日の中で、必要な量を一度に摂ろうとするより何時間かおいて、分けて摂る方が身体のためには良いのです。時間帯としては、いつ摂るのが最も効果的かと言われれば肝臓の血流が減少する就寝中に効かせるため、寝る前に摂るのが効果が最も上がる時間帯だと言えるでしょう。ゴーヤーと言えば、妊娠中の女性には欠かすことができない葉酸が多く含まれているのはご存じでしょうか。食事の中で効率よく葉酸を摂るために使ってほしい食材の一つがゴーヤーですが、たくさん食べれば良いというものでもありません。
どんなに身体に良いものであっても、過剰に食べると何となく胃がもたれる、下痢を起こしてしまうなど、思わぬ不調が出てくることもあるようです。

そのような辛い症状は胎児にすさまじくストレスになるでしょう。